カシオ G-SHOCKマニアの樫尾時雄です。 
今回は、カシオ G-SHOCK G-STEEL ソーラー電波 GST-W300G-1A2JF メンズ を紹介します。
タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKから、ダウンサイジングを実現し、デザインバリエーションの幅を広げたG-STEELのNew モデルが登場します。従来のレイヤーガード構造・機能はそのままに、ケース全体で約90%にダウンサイジング※を実現。モジュールの大幅な小型化によりケースのサイズダウンや薄型化を可能にし、ミドルサイズに仕上げました。

細部の仕上げにもこだわり、衝撃に耐える樹脂製のインデックスは、表面に施した蒸着膜をレーザーで削り、タフネスと美しさを両立したフェイスデザインを実現。ステンレス素材をベゼル、バンドに用いたGST-W310Dは、メタルの硬質感を打ち出したスタンダードなデザインに仕上げました。

樹脂製のベゼルを用いたGST-W300は、メタルバンド、ソフトウレタンバンドの2種類をラインアップ。装着性を高める肉厚のソフトウレタンバンドは、長時間での着用でも手首への負担を軽減します。更に、ブラックIPで精悍な表情のGST-W300BD、樹脂ベゼル×ステンレスケースの組み合わせがカジュアルなデザインのGST-W300、ゴールド・ブルーIPがクールさを演出するGST-W300Gを加え、バリエーションの幅を広げました。

世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6をはじめ、液晶部の視認性を確保する針退避機能、暗所での時刻確認に優れたフルオートダブルLEDライトなどの実用性も備えています。

メタルパーツと樹脂パーツの融合により、タフネスデザインのバリエーションを広げたG-STEELに、ミドルサイズに仕上げたモデルの登場です。(こちらはブルーIPモデルのGST-W300G-1A2JFになります。)
さらに詳しく見る>>