カシオ G-SHOCKマニアの樫尾時雄です。
今回は、カシオ G-SHOCK ソーラー電波 GXW-56BB-1JF を紹介します。

タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKから、ブランドカラーであるブラックにこだわったモデルが登場します。
徹底的にブラックにこだわり、ワントーンで樹脂の素材感をそのまま感じさせる仕上げとしました。あらゆる方向からの衝撃に耐えることを目指し、独特のフォルムを有するGXW-56をベースモデルに採用。

シンプルなマットブラックが時計自体のフォルムを際立たせます。また美錠にブラックIP 処理を施し、細部に至るまでブラックにこだわりました。

G-SHOCKの本質をカラーで表現し、無骨なまでにタフネスデザインを追求した モデルの登場です。

耐衝撃構造、タフソーラー(ソーラー充電システム)、防塵・防泥構造、20気圧防水機能、電波受信機能、自動受信(最大6回/日) (中国電波は最大5回/日)/ 手動受信、対応エリア:日本・北米地域・ヨーロッパ地域・中国、ワールドタイム:世界48都市(31タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、UTCダイレクト呼出機能、ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)、タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)、時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報、バッテリーインジケーター表示、パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)、フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、操作音ON/OFF 切替機能、フルオートELバックライト(残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)、フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間:機能使用の場合/約10ヵ月、パワーセービング状態の場合/約26ヵ月

カシオ G-SHOCK ソーラー電波 GXW-56BB-1JF