カシオ G-SHOCKマニアの樫尾時雄です。
今回は、カシオ G-SHOCK G-LIDE ソーラー電波 GWX-5700CS-1JF を紹介します。

世界のエクストリームスポーツのトップアスリートから支持を受け、サポートしているG-SHOCKのスポーツラインG-LIDEから2018年サマーバージョンが登場します。

ベースモデルには、薄型で装着性の高いラウンドケースに電波ソーラー搭載のGWX-5700、感覚的に必要な情報が確認できるアナログタイドグラフ搭載のビッグケースGAX-100をセレクト。
ウェットスーツやサーフボードなどに用いられるカラーをモチーフにデザインを施しました。

GWX-5700CSは、ウェットスーツなどに多く見られるブラックと、ワンポイント色として用いられるホワイト、海を連想するブルーの3色をラインアップ。落ち着きあるマット仕上げを施し、普段使いにも活躍するベーシックなカラーリングで仕上げました。

アナログによる視認性にこだわったGAX-100CSA(CSB)には、サーフボードに見られるカラーリングからインスパイアされたダスティーパステルを採用。くすみがかったブルー、ピンク、グリーンの3色をラインアップし、原色に比べて様々な色とも相性がよく落ち着いた雰囲気に仕上げました。インデックス、時分針にはホワイトをあしらい、視認性はもちろん夏らしい爽やかさも備えました。

機能面ではサーファーのマスト機能であるタイドグラフを搭載。GWX-5700は世界100ポイントの潮汐データをプリセット。GAX-100は、10時側のインダイアルによるアナログタイドグラフを採用し、感覚的に潮汐を把握できます。ムーンデータ、温度計測機能も備えライディングをサポート。様々なサーフィンスタイルに応じて、セレクトできるラインアップです。

カシオ G-SHOCK G-LIDE ソーラー電波 GWX-5700CS-1JF